5日目 シューティングレンジで射撃した感想

プーケット新婚旅行5日目の島内観光中に、実弾の射撃を体験しました!

ガイドさんから「射撃はしたいですか?」と聞かれ、プーケットに射撃場があることを知らなかった私はビックリ!

「したいです!」と返答し、射撃場「シューティングレンジ」に連れて行ってもらいました。

スポンサードリンク

男性の定番は38口径

射撃は、色々とコースがありました。↓

口径 弾数 料金
22口径 10発 890バーツ
38口径 10発 1,180バーツ
44口径 10発 1,180バーツ
9mm 10発 1,180バーツ
ショットガン 10発 1,300バーツ

話を聞いてみると、22口径は女性向。

38口径はお巡りさんが使っているやつ。

44口径は軍隊が使っているやつとのことでした。

初心者はどれがオススメなのか聞いてみると、「38口径」とのこと。

私は未経験者だったため、無難に「38口径」を選ぶことにしました。

支払いは、ガイドさんが「安心できるお店なので、クレジットカードで大丈夫」とのことだったので、クレジットカードで支払いました。

後日、日本に帰ってから間違えの無い金額で、請求が来ていました。

スポンサードリンク

射撃した感想

それでは、いよいよ射撃です。

まずは、防音のヘッドホンみたいなやつと、ゴーグルを渡され、装備。

そして、スタッフさんが色々と説明をしてくれました。

英語での説明でしたが、英語ができない私でも意味は分かりました。

下の写真は、狙いを定める話をされている最中です。↓

スタッフさんのアイズがあり、いざ、発砲してみました!

腕に振動がきましたが、支えられないほどではありません。当たり前か・・・。

的が遠かったこともあり、弾が的に当たっているのかどうか全然分かりませんでした。

だけど、スタッフさんは「Good!」みたいなことを行っていたので、引き続き撃っていきました。

10発はあっという間でした。

射撃が終わった後に、的の紙をもらいましたが、意外と当たっていたことにビックリ!↓

最後に私と妻で写真を撮ってもらいました。

スタッフさんがポーズのアドバイスをしてくれましたが、結構恥ずかしかったです。↓

射撃が終わった後、別のスタッフさんが知らないうちに、私の写真を撮っていました。

その写真は額物に入れられており、そして、「350バーツで買わないか?」と言われました。

良い角度で撮られていた写真だった為、迷っていると、「300バーツにするよ」と言われました。

なので、記念に買うことにしました。

海外へ旅行に行かないと、射撃をする機会が無いので、良い経験になりました。

以上、シューティングレンジで射撃した感想でした!

スポンサードリンク

次はコチラの記事をご覧下さい。

5日目 プーケット・レーシング・カートの感想

5日目 プーケット・レーシング・カートの感想

プーケット新婚旅行5日目は、島内観光中にプーケット・レーシング・カートに乗りました・・・

このページの先頭へ