4日目 ジャンクセイロンとパトンビーチ中心街

プーケット新婚旅行4日目の夜は、パトンビーチ中心街に行ってきました。

まずは、ショッピングモールのジャンクセイロンに行き、その後はバングラ通りの歩き、パトンビーチ沿いのレストランで夕食を食べ、ぶらぶらと歩いてダイヤモンドクリフまで帰りました。

このページでは、その旅行記をご紹介させていただきます。

スポンサードリンク

私達が宿泊したホテル「ダイヤモンドクリフ」から、片道のみの無料バスが出ていたので、それに乗って パトンビーチ中心街に行きました。

まずは、パトンビーチのショッピングセンターである「ジャンクセイロン」に行きました。

ジャンクセイロン

ジャンクセイロンの前では、ブレイクダンサーがストリートパフォーマンスをしていました。ブレイクダンスは万国共通ですね。↓

観光客の人だかりが、ブレイクダンサーを囲み、盛り上がっていました!↓海外でこういうのを見ると、気持ちが高ぶりますね!

ブレイクダンスの様子

ジャンクセイロンの外観はこんな感じ。↓観光客だらけでした。

午前中に、プーケット最大のショッピングモール「セントラル・フェスティバル」に行っており、ジャンクセイロンに入ってみると、同じようなお店ばかりで楽しめませんでした。

しかし、地下に行ってみると、タイの伝統的なグッツやお土産、マッサージなどがあり、楽しかったです。後でガイドさんに聞いた話ですが、ジャンクセイロンは地下がオススメとのこと。

地下の入り口には、クリスマスの飾り付けがされていました!↓気候が暑い中のクリスマスって、何か妙な感じですね。しかし、派手な飾り付けです。

地下には、やたらとマッサージ店が集まっており、しかも安い!  私達は、フットマッサージを1時間300バーツで受けてきました。

その後、魚が足の角質をとってくれるやつがあったので、それも初体験してみることに。↓ 料金が30分100バーツで安かったので。

「魚が角質を食べるって、どんな感じなのだろう?」と思っていましたが、食べられているときは、足に軽い電機が走るような、ビリビリ感って感じでした。

私達は全然我慢できましたが、我慢できない人は笑い転げていました。

色々と買い物を済ませ、夜の街をぷらぷらと歩いてみました。↓

歩いていると、人が多い通りがあったので、その通りに行ってみることに。するとそこは、ジャングラ通りでした。↓

歩行者天国になっていました。観光客がかなり多かったです。

ネオンが光る飲み屋が多く、女の子がテーブルの上でポールダンスをしている店が多かったです。↓
それと、女の子目当ての外国人観光客が、酔っ払って楽しそうにしていました。

ガイドさんいわく、ここは、女の子目当てで行くと楽しいところとのこと。

ジャングラ通りを歩いていると、ウザイほど客引きが話しかけてきたので、サラッと流して歩きました。

日本で買った本に、「強引な客引きに注意!」と書かれていましたが、サラッと聞き流せば、全然問題ありませんでした。

ジャングラどおりを抜けたところには、パトンビーチがありました。夜のパトンビーチはどんな感じなのだろうと思い、行ってみることにしました。↓

観光客が数人いました。日本で買った本に、「夜のビーチは危険!」と書かれていたので、入り口付近で引き返しました。

後日ガイドさんから聞いたのですが、夜のパトンビーチは泥棒などがいるらしく、やはり、あまり行かない方がいいとのことでした。

パトンビーチ沿いの道路を歩いていると、海産物を取り扱ったレストランが多かったです。↓特にロブスターが目立っていました。

お洒落で落ち着いたレストランがあったので、そこで夕食を取ることにしました。

なんて名前のレストランか忘れましたが、生バンドの演奏をしており、心地のいいお店でした。

レストランで夕食を食べた後は、パトンビーチ沿いの道路を歩いて帰りました。

以上、ジャンクセイロンとパトンビーチ中心街でした。

スポンサードリンク

次はコチラの記事をご覧下さい。

5日目 Camp Chang Kalimでゾウ乗り体験記

5日目 Camp Chang Kalimでゾウ乗り体験記

プーケット新婚旅行4日目の午前中は、せっかくタイに来たので、ゾウに乗ることにしました。

ゾウに乗ることは計画に無かったので、スマホで検索し、現地の日本人スタッフがいる旅行会社「J&Rトラベル」に相談してみて、そして、「Camp Chang Kalim」というところで体験しました・・・

このページの先頭へ