3日目 VELTRA(ベルトラ)で申し込んだツアー、カイ島編

カイ島の写真

ツアーでピピ島やマヤビーチに行った後は、カイ島に行きました。

私達が申し込んだツアーは、海外現地オプショナルツアー専門のVELTRA(ベルトラ)で、「優先乗船でいい席GET♪ ピピ島 + カイ島 ビーチ巡りスピードボートツアー<昼食付>」です。

このページでは、ツアーの後編、カイ島の感想をご紹介させていただきます。

スポンサードリンク

マヤビーチを出発し、カイ島に到着したのは15時~16時くらい。

夕日が海に反射して綺麗でした。↓

カイ島の方も、観光客が多かったです。

カイ島では、シュノーケリングが出来ます。海の浅瀬の、足が届く場所でも魚がいっぱいいるので、泳げない方でもシュノーケリングを楽しむことが出来ます。

シュノーケルは、ツアーのスタッフさんが貸してくれました。

ここもまた、砂浜が気持ちいい! はだしで歩いても全く痛くありません。

砂浜が白くて綺麗でした。↓

白い砂浜の写真

カイ島では、バナナボートや水上ジェットスキーもできます。金額ははっきりと覚えていませんが、800~1000バーツくらいだったと思います。

妻が「バナナボートに乗りたい!」とスタッフさんに話しかけましたが、「一人だったら無理。それだったら、水上ジェットスキーに乗らないか?」とのようなことを言われていました。

バナナボートは人数が集まらないとできないようです。少人数だと効率が悪いのかな?↓

ビーチの椅子に座る場合は、たしか150バーツでした。↓座っていると「フルーツジュースを飲まないか?」など、声をかけられましたが、結局は飲みませんでした。

私達は、ビーチチェアでくつろいだり、海に入って魚を見たりして楽しみました。

カイ島で遊んだ後は、スピードボードに乗って港まで帰りました。

帰りの途中、スタッフさんが全員に、「よろしければ、チップを頂けると幸いです。」とのような内容のことを丁重に言っていました。

スタッフさんには本当に良くしてもらったので、少ないですが、妻と合わせて40バーツ渡しました。なかには100バーツ渡していた人も結構いました。

港に着くと、出発前に来ていた日本語を話せるタイ人?の方が待っていました。そして、出発前に記念撮影した写真をフレーム付きでもらうことが出来ました。

そして、ワゴン車に乗り込み、ホテルまで送ってくれたのでした。

スポンサードリンク

次はコチラの記事をご覧下さい。

3日目 夕食はダイアモンド・クリフのKIKOで日本食を食べました。

3日目 夕食はダイアモンド・クリフのKIKOで日本食を食べました。

3日目は、朝から夕方までピピ島ツアーに行って、ホテルに帰りついたのは18時くらいでした。

私も妻も疲れてしまってグッタリ。それから少し仮眠を取り、起きても外に行く元気が無かったので、
ダイアモンド・クリフの敷地内に有る日本食レストラン「KIKO」に行きました・・・

このページの先頭へ